不動産を担保にする

重ねられたカード

おまとめ目的でも不動産担保ローンを利用することができます。おまとめや借り換え目的で不動産担保ローンを利用する際の注意点ですが、資金を借り入れたら必ず既存の借入先に返済することが優先になります。不動産担保ローンは総量規制の適用がなく年収3分の1を超える借り入れができますが、思わず私用で使い込んでしまったりすると、返済ができなくなり負担が増大してしまいます。また、借り入れ条件によっては借り換えやおまとめ目的といっても負担が増えてしまうこともあります。そのため、返済シミュレーションなどをして返済が可能かどうかを確認することが重要となります。また、既存の借入先ですが法定金利の上限を上回っていると過払い金が発生している可能性がありますので弁護士等に相談をします。

無担保の資金使途自由なフリーローンと比べて不動産担保ローンを利用する理由ですが、低金利であり資金使途も自由であることです。無担保ローンに比べると金利は断然低いです。そのためおまとめ目的や個人的なことに使用しても問題ないのです。また、不動産担保ローンなので担保がないと借りることができない、自分が担保をもっていなくても担保提供者がいれば利用できるのです。親が担保提供してくれるとなると非名義であっても相談の上申し込みできます。この場合は担保提供者は保証人となります。また、審査回答も早く最短で翌日です。急な資金需要にもすぐに対応することができます。低金利融資で返済期間も長期間で組めますので月々の負担も軽減できます。